Google Glass の画面を PC に表示する

Google Glass を Windows PC に USB で接続して、画面をリアルタイムで複製して表示する方法を紹介します。
画面表示のためのツールとしては、Android Screen Monitor を利用します。
(Google Glass に限らず、Android であれば表示できます。)

なお、ここでは非開発環境を想定し、なるべく最小限のセットアップにしたいと思います。

 

(1) Java Runtime Environment (JRE) をインストールします。

(2) Android SDK のページで [VIEW ALL DOWNLOADS AND SIZES] を表示し、
     [SDK Tools Only] の android-sdk_r23.0.2-windows.zip をダウンロードして、任意のフォルダーに展開します。

ここでは、C:\android-sdk に展開したと仮定して進めます。

(3) Android SDK Manager を起動し、次のものをインストールします。

  • Android SDK Platform-tools
  • Google USB Driver

なお、企業内環境など、プロキシを利用して通信する場合は、
Android SDK Manager の [Settings] で [HTTP Proxy Server] および [HTTP Proxy Port] を指定しておきます。

(4) Android Screen Monitor (ZIP ファイル) をダウンロードして、任意のフォルダーに展開します。

(5) 展開したフォルダー (asm.jar の存在するフォルダー) で、次の内容の BAT ファイルを作成します。

 

asm.bat


set PATH=%PATH%;C:\android-sdk\tools\
set PATH=%PATH%;C:\android-sdk\platform-tools\

java -jar asm.jar


 

(6) Google Glass 上で [Setting] → [Device Info] と移動し、[Turn on debug] と表示されたらタップします。

タップすると、[Turn off debug] に変わります。

Turn off debug

 

(7) Google Glass を USB ポートに接続します。

初回の接続時に、ドライバーのインストールを試みるはずです。
ドライバーのインストールでエラーが発生した場合、
デバイス マネージャーを起動して Google Glass を探し (「Glass 1」と表示されているはず) 、
[ドライバー ソフトウェアの更新] を実行します。

ドライバーの場所を手動で

C:\android-sdk\extras\google\usb_driver

と指定します。

成功すれば、Android Device として認識されるようになります。

Glass 1のプロパティ

 

(8) Google Glass との接続が成功すると Google Glass 側に通知されるので、次のようにしてアクセス許可を与えます。

  • [Trust this computer?] と表示されたらタップする
  • [Always allow] と表示されたらタップする

 

以上で設定は完了です。

asm.bat を実行して Android Screen Monitor を起動させ、
対象のデバイスを選択すれば Google Glass の画面が表示されます。

Select a Android Device

Android Screen Monitor

 

参照
Android Screen Monitor
Google Glassの簡単なアプリを作る

広告

Android SDK の各バージョンを手動でインストールする

Android SDK の旧バージョンなどをセットアップするために Android SDK Manager を開いても、
インストール可能な SDK の一覧が表示されないことがあります。

Android-SDK-1

ログには次のようなエラー メッセージが出力されています。

Failed to fetch URL https://dl-ssl.google.com/android/repository/addons_list-2.xml, reason: Unknown Host dl-ssl.google.com
Failed to fetch URL https://dl-ssl.google.com/android/repository/repository-7.xml, reason: IO Unknown Host dl-ssl.google.com

Android-SDK-2

プロキシが原因である場合、本来であれば、[Settings] でプロキシのサーバーとポートを指定し、
[Force https://… sources to be fetched using http://…] チェックボックスをオンに設定すれば解決するはずなのですが、
この方法で解決しないことがあります。

Android-SDK-3

こういう場合は仕方がないので、https://dl-ssl.google.com/android/repository/repository-7.xml を目視で解析します。
version, api-level, description, os の値で絞り込んで、目的の SDK の ZIP ファイルの URL を探します。
以下は Android 2.3.3 (API 10) の場合の例です。

Android-SDK-4

ZIP のファイル名しか示されていませんが、絶対 URL は次のようになります。
https://dl-ssl.google.com/android/repository/android-2.3.3_r02-linux.zip

これをダウンロードして、含まれているフォルダーを次の場所に展開します。
<Eclipse のルート>\adt-bundle-windows-x86\sdk\platforms

これで、インストール済みの SDK として認識されるようになりました。

Android-SDK-5

バージョン情報
Eclipse 4.2.1
Android Development Tools 21.0.1

参照
Android SDK Managerでfetchに失敗する

カテゴリー: モバイル. タグ: , . 1 Comment »