ビルドして ZIP にする PowerShell スクリプト

以前に .NET ビルド小技集 (4) という記事を書き、
PowerShell でバージョンをインクリメントしてビルドする方法を紹介しました。
今回は、そのツールを改良したうえで NuGet で公開しました。

Visual Studio のプロジェクトに対して、NuGet で KTools.ZipRelease をインストールすると、
次の PowerShell ファイルがプロジェクトに追加されます。

  • KTools.VersionIncrement.ps1
  • KTools.ZipRelease.ps1

image

エクスプローラー上で PowerShell スクリプトを実行できます。

image

KTools.ZipRelease.ps1 により、以下の処理が実行されます。

  • バージョン番号のインクリメント (KTools.VersionIncrement.ps1 の呼び出し)
  • MSBuild.exe を利用して Release ビルド
  • ビルドの結果を ZIP ファイルにする
    • ファイル名は「AssemblyName-x.y.z.zip」の形式
    • 既定ではプロジェクト フォルダーの下の「zip」フォルダーに作成される

image

 

KTools.VersionIncrement.ps1 により、AssemblyInfo.cs 内の
AssemblyVersion 属性および AssemblyFileVersion 属性の値のビルド番号を 1 だけ増加させています。
例えば、1.0.2.0 が 1.0.3.0 に、1.0.2 が 1.0.3 に、1.0.2-alpha が 1.0.3-alpha に変わります。

ちなみに、バージョン番号は .exe および .dll ファイルのプロパティに反映されます。

image

PowerShell スクリプトのため、各自の要件に合わせてカスタマイズできるでしょう。
また、バージョン番号のインクリメントについては、
KTools.VersionIncrement として単独でインストールして使うことができます。

 

技術的には、以下の特徴が挙げられます。
ソースコードは ZIP-Release (GitHub) にあります。

  • PowerShell の中で C# を利用
  • 値を変更する処理で正規表現を利用
  • .csproj ファイルからの値の読み込みに XPath を利用
  • MSBuild.exe のパスを探索 (たいへん)
    • .NET Framework 付属の MSBuild より Visual Studio 付属の MSBuild を優先

 

作成したツール
ZIP-Release (GitHub)

参照
.NET ビルド小技集 (4)
.NET Framework の正規表現
.nuspec リファレンス
NuGet Package Version Reference

広告