Azure Web App をファイル サーバーとして使う

Azure Web App を、単にファイルを置く場所として使う方法について書いていきます。
基本的には Web App を作成するだけですが、フォルダーやファイルの一覧を表示する機能についても紹介します。

Azure のダッシュボードで [App Service] の [Web App] を作成します。

image

Web App が作成されると、https://xxx.azurewebsites.net の形式の URL でサイトにアクセスできるようになります。

image

作成した Web App で [ツール] – [Visual Studio Online (プレビュー)] を表示し、[オン] に切り替えます。

image

[移動] をクリックすると、Visual Studio Online "Monaco" が表示されます。

image

基本的な設定はこれでもう終了で、
あとはこの画面の [wwwroot] の下にフォルダーやファイルを追加していくだけです。
PC 上のファイルをドラッグ アンド ドロップしても追加できます。
テキスト ファイルであれば直接編集できます。

例えば [wwwroot] の下に test.txt を置いたとすると、
https://xxx.azurewebsites.net/test.txt の URL でファイルにアクセスできます。

 

以下は、フォルダーやファイルの一覧を表示するための手順です。

まず、[wwwroot] の下の hostingstart.html を削除します。
次に [wwwroot] の下に [Web.config] という名前のファイルを追加して、次の内容をコピーします。

image

再びサイトにアクセスすれば、次のような画面になります。

image

フォルダーやファイルを追加してみます。

image

すると、一覧として表示されます。

image

 

ファイルを配置する方法としては、
上記のように Visual Studio Online "Monaco" を使うほか、FTP を使うことができます

ディスクの容量については、無料プランでは 1GB までです。
その他のプランの場合は、価格 – App Service を参照してください。

参照
ディレクトリの参照 <directoryBrowse>
Azure Web App に FTP でデプロイする

カテゴリー: クラウド. タグ: . Leave a Comment »

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。