Azure Web App に FTP でデプロイする

Azure Web App にアプリケーションをデプロイする方法については、
これまでは主に、Visual Studio Team Services との CIGitHub との CI など、
ソース管理システムから自動的にデプロイする方法について書いてきましたが、
ソース管理システムと連携させない方法としては主に FTP を利用することになります。

FTP を利用するためには、Azure の管理ポータルで、
作成済みの Web App に対して [設定] – [デプロイ資格情報] と進んで、ユーザー名とパスワードを入力して [保存] をクリックします。

image

注意点として、ユーザー名はグローバルに一意でなければなりません (他の開発者と同じ名前を使用できません)。
また、サブスクリプション内のすべての Web App にもこのアカウントが設定されます。

これで、FTP を使うための準備ができました。
FTP の URI とユーザー名は Web App のトップに表示されています。

image

 

[FTPS ホスト名] の部分をコピーして、エクスプローラーでアクセスします。
ユーザー名もコピーできます。

image

これで、FTPS でアクセスできました。

image

あとは、wwwroot にアプリケーションをコピーすればデプロイは完了です。

image

 

また、Web App の [設定] – [アプリケーション設定] – [仮想アプリケーションとディレクトリ] で仮想アプリケーションを設定できます。
つまり、wwwroot 以外の物理ディレクトリも URL に関連付けることができます。

image

FTP でデプロイ:

image

ブラウザーでアクセス:

image

ちなみに、Monaco にアクセスすると既定の URL は /dev/wwwroot/ ですが、
ここを書き換えると wwwroot 以外も編集できるようになります。

image

 

ディスクの容量については、Free プランでは 1GB までです。
その他のプランの場合は、価格 – App Service を参照してください。

カテゴリー: クラウド. タグ: , . 2 Comments »

コメント / トラックバック2件 to “Azure Web App に FTP でデプロイする”

  1. Azure Web App の仮想ディレクトリにサブドメインを設定する | Do Design Space Says:

    […] Azure Web App に FTP でデプロイする Visual Studio から Windows Azure にデプロイする […]

  2. Azure Web App をファイル サーバーとして使う | Do Design Space Says:

    […] ファイルを配置する方法としては、 上記のように Visual Studio Online "Monaco" を使うほか、FTP を使うことができます。 […]


コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。