エンティティを匿名型で手軽に実装する (2)

前回のエンティティを匿名型で手軽に実装する (1) で作成した EntityType<TEntity> では、
インスタンスを初期化するために毎回 ConstructorInfo を経由していましたが、
少し重い処理のため、回数が多いと処理時間に影響します。

そこで、あらかじめコンストラクターをラムダ式の式ツリーからコンパイルしておくという方法があります。
先にコードを示します。

取得した ConstructorInfo をもとに、

p => new TEntity((int)p[0], (string)p[1])

のような処理に相当する式ツリーを構築してコンパイルすることで、object[] から TEntity を初期化する関数が得られます。

CreateEntity メソッドの呼び出しを 100 万回実行して計測してみると、手元の環境だと前回のコードでは

  • EntityType の初期化: 0.0006 秒
  • CreateEntity メソッド 100 万回: 0.6 秒

だったのが、今回のコードでは

  • EntityType の初期化: 0.006 秒
  • CreateEntity メソッド 100 万回: 0.06 秒

になりました。

 

前回: エンティティを匿名型で手軽に実装する (1)

作成したサンプル
ExpressionsConsole (GitHub)

参照
Expression<TDelegate> クラス

コメント / トラックバック1件 to “エンティティを匿名型で手軽に実装する (2)”

  1. エンティティを匿名型で手軽に実装する (1) | Do Design Space Says:

    […] 次回: エンティティを匿名型で手軽に実装する (2) […]


コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。