Kinect for Windows v2 のセットアップ

Kinect for Windows v2 のセットアップの方法や注意点について記述します。
開発環境と非開発環境では方法が異なります。
(v1 系については、以前に Kinect for Windows SDK のセットアップに書きました。)

 

■ 開発環境におけるセットアップ

開発環境には、Kinect for Windows SDK 2.0 (約 280 MB) をインストールします。

インストール後の接続確認をするには、「Developer Toolkit Browser」を利用するとよいでしょう。
これには多数のサンプルが含まれています。

環境変数については、Kinect for Windows SDK 2.0 をインストールすると

KINECTSDK20_DIR=C:\Program Files\Microsoft SDKs\Kinect\v2.0_1409\

が追加されます。

 

さて、アプリケーションを開発するには、Microsoft.Kinect.dll への参照が必要になります。
Visual Studio の参照マネージャーで、[アセンブリ] – [拡張] からこれを選択できます。

参照マネージャー

ただし、この方法では特定のバージョンに依存することになり、
例えば、今後バージョン 2.1 の SDK にアップグレードした場合、プロジェクトはビルドエラーになってしまいます。
そこで前述の環境変数を利用して、
プロジェクト ファイル (C# なら .csproj) において例えば次のようにアセンブリのパスを指定することもできます。


  <ItemGroup>
    <Reference Include="Microsoft.Kinect">
      <HintPath>$(KINECTSDK20_DIR)Assemblies\Microsoft.Kinect.dll</HintPath>
    </Reference>
    <Reference Include="System" />
    <Reference Include="System.Data" />
    (以下略)


この方法であれば、特定のバージョンに依存せずにビルドすることができます。

 

■ 非開発環境におけるセットアップ

本番用・配布用端末では SDK は不要で、Kinect for Windows Runtime 2.0 (約 90 MB) をインストールします。

なお、Kinect for Windows Runtime は Kinect for Windows SDK にも付属しており、次のパスに存在します。

%KINECTSDK20_DIR%Redist\KinectRuntime-v2.0_1409-Setup.exe

 

バージョン情報
Kinect for Windows v2
Kinect for Windows SDK 2.0
Visual Studio 2013

参照
Kinect for Windows v2 センサー
Kinect for Windows SDK 2.0
Kinect for Windows Runtime 2.0

Kinect for Windows SDK 2.0 (MSDN)
Getting Started (MSDN)
Kinect for Windows SDK のセットアップ (v1 用)

カテゴリー: 周辺機器. タグ: . 1 Comment »

コメント / トラックバック1件 to “Kinect for Windows v2 のセットアップ”

  1. Kinect for Windows SDK のセットアップ | Do Design Space Says:

    […] Kinect for Windows v2 のセットアップ […]


コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。