Git にコマンドラインでチェックインする

例えば GitHub の場合、GUI ツールである GitHub for Windows を使えば、
直感的な操作でリポジトリを管理することができます。

GitHub for Windows

 

基本的にはこのような GUI ツールを利用するのがよいと思いますが、
それでもやはり、チェックインの頻度が高くなるほどバッチなどをあらかじめ作っておいたほうが楽になるでしょう。
以下では、コマンドラインで Git リポジトリを操作する方法について記述します。

 

■ ローカル キャッシュ フォルダーを作成する

まず初期準備として、新規に作成したリポジトリや既存のリポジトリに対して、
ローカル キャッシュ (作業用のフォルダー) を作成するためのコマンドです。
これにより、リポジトリの最新のファイルもダウンロードされます。

git clone https://github.com/sakapon/Sample01 Sample01

最後の引数には、ローカル キャッシュとして使うディレクトリのパスを指定します。
上の例では、現在のディレクトリからの相対パスを指定しています。

 

■ ファイルのチェックイン (プッシュ)

ローカルのファイルを変更した後、次のコマンドを実行すればすべてのファイルをリポジトリにチェックインできます。

cd Sample01
git add –all .
git commit -m "This is comment."
git push -u origin master

最初の行では、ローカル キャッシュに移動しています。
git add コマンドで「–all」を指定することにより、ファイルの追加・更新だけでなく、削除も対象になります。
最後の「.」はすべてのフォルダー・ファイルを対象とすることを表します。

また Git では、コミットとプッシュの 2 段階の概念に分割されていますが、上の例ではまとめて実行しています。

 

なお、CodePlex の Git に対しても上記と同様の方法を使用できました。

参照
Git ユーザマニュアル (バージョン 1.5.3 以降用)
Gitコマンドリファレンス

カテゴリー: ALM, ツール. タグ: . Leave a Comment »

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。