MacBook Air (Mid 2013) で Boot Camp を利用する

MacBook Air (Mid 2013) で Boot Camp を利用して、Windows 8 をインストールしました。

基本的には、Boot Camp アシスタントで表示される通り、

(1) Windows 7 またはそれ以降のバージョンのインストールディスクを作成
(2) 最新の Windows サポートソフトウェアを Apple からダウンロード
(3) Windows 7 またはそれ以降のバージョンをインストール

にチェックを付けたまま進めていけば完了します。
これら 3 つの手順は個別に実行してもかまいません。

ですがやはり、Boot Camp 設定の概要を事前に読んでおくことをお奨めします (Boot Camp – インストールと設定ガイドより丁寧?)。
それでもなお初心者にはわかりづらいかなと思った点を以下に記述しておきます。

 

準備

  • Windows 8 (64bit) のインストーラーの ISO ファイルを MacBook Air に保存しておく
        保存する場所はどこでもかまいません。
        アップグレード版は利用できません。
  • 8GB 以上の USB メモリを 1 つ
        Boot Camp アシスタントが、手順 (1) で Windows のインストーラーを、
        手順 (2) で Windows サポートソフトウェア (約 500MB) を格納します。
        フォーマットされてしまうため、新規のもの、またはデータが消去されてもよいものを用意します。

Windows サポートソフトウェアのダウンロード

私は手順 (2) のダウンロードが完了しなかったため、(1)→(3)→(2) の順番で実行することになりました。
経験上、Apple に限らず米国などのサイトにアクセスする場合、23 時以降は非常に時間がかかる気がします。

Windows サポートソフトウェアのインストール

Windows サポートソフトウェアは Windows 上で動作するソフトウェアであり、
インストールは自分で実施しなければなりません。
Windows のインストールが完了したら、USB メモリ (WININSTALL) の中の BootCamp\setup.exe を実行します。

Windows サポートソフトウェア

 

Boot Camp Support Software とは?

「Windows サポートソフトウェア」と「Boot Camp Support Software」は同一のものを指しますが、
Boot Camp Support Software 5.0.5033 を自分でダウンロードしても、インストーラーが正しく動作しないようです。
Boot Camp アシスタントの手順 (2) に任せるのがよいでしょう。

Windows 用のパーティションの作成とフォーマット

Windows のインストール時にパーティションをフォーマットする必要があります。
ちなみに私は Boot Camp アシスタント上で [均等に分割] を選択して 60GB としたところ、
Windows のインストール時のパーティションには 56.0GB と表示されました。

MacOS と Windows の切り替え

Windows のインストール後、MacOS と Windows の切り替え方法を知らないと永久に Windows のままになってしまいます。
シャットダウンして電源ボタンを押した直後から、option キーをしばらく押したままにしておきます (再起動した場合も同様)。
するとハードディスクの画像が表示され、
MacOS 用のハードディスクか Windows 用のハードディスクかを選択できるようになります。

なお、ハードウェアの種類やバージョンなどの組合せが異なると、
Boot Camp の設定手順が若干異なる場合があるようです。

 

最後に、Windows エクスペリエンス インデックスの計測結果を載せておきます。
Surface Pro での計測結果にかなり近いです。

Windows エクスペリエンス インデックス

 

バージョン情報
MacBook Air (Mid 2013) 128GB (最小構成)
Boot Camp アシスタント 5.0.4

参照
Boot Camp 設定の概要
Boot Camp サポート
Boot Camp – インストールと設定ガイド (PDF)
新MacBook AirにWin8を入れてみた 完全ガイド
[Mac] BootCamp用のWindows 7 インストールディスクをSD or USBメモリに作る

カテゴリー: OS. タグ: , . 1 Comment »

コメント / トラックバック1件 to “MacBook Air (Mid 2013) で Boot Camp を利用する”

  1. Surface Pro で開発環境のセットアップ | Do Design Space Says:

    […] Windows エクスペリエンス インデックスの計測結果を載せておきます。 MacBook Air (Mid 2013) の最小構成での計測結果にかなり近いです。 […]


コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。