ファントム リードとその解決方法 その 2

前回のファントム リードとその解決方法 その 1 では SqlCommand クラスを利用したコードを示しましたが、
今回は ADO.NET Entity Framework を利用したコードを示します。
ただし、特に説明する部分はないので、ステップ 2 (Serializable) の場合のみ示します。

なお、下記のコードを記述する前に、ロスト アップデートとその解決方法 その 3 と同様に
Visual Studio で ADO.NET Entity Data Model を作成しておきます。


using System;
using System.Linq;
using System.Threading.Tasks;
using System.Transactions;

namespace PhantomRead
{
    class Program
    {
        private static readonly TransactionOptions transactionOptions = new TransactionOptions { IsolationLevel = IsolationLevel.Serializable };

        private static int phantomCount;

        static void Main(string[] args)
        {
            // 挿入と読み取りを並列に実行します。
            Parallel.Invoke(
                () =>
                {
                    for (int i = 0; i < 200; i++)
                    {
                        InsertCategory();
                    }
                },
                () =>
                {
                    for (int i = 0; i < 100; i++)
                    {
                        SelectCategoriesCount();
                    }
                }
            );
        }

        /// <summary>
        /// Northwind データベースの Categories テーブルの行を挿入します。
        /// </summary>
        private static void InsertCategory()
        {
            using (var scope = new TransactionScope(TransactionScopeOption.Required, transactionOptions))
            using (var context = new NorthwindEntities())
            {
                // カテゴリを追加します。
                context.AddToCategories(Category.CreateCategory(0, "New Category"));
                context.SaveChanges();

                // コミットします。
                scope.Complete();
            }
        }

        /// <summary>
        /// Northwind データベースの Categories テーブルの行数を読み取ります。
        /// </summary>
        private static void SelectCategoriesCount()
        {
            using (var scope = new TransactionScope(TransactionScopeOption.Required, transactionOptions))
            using (var context = new NorthwindEntities())
            {
                // カテゴリの数を読み取ります。
                int count1 = context.Categories.Count();
                int count2 = context.Categories.Count();

                if (count1 != count2)
                {
                    Console.WriteLine("{0} = {1} ({2} 回目)", count1, count2, ++phantomCount);
                }
                else
                {
                    Console.WriteLine("{0} = {1}", count1, count2);
                }
            }
        }
    }
}


注意点
(1) CategoryID 列には IDENTITY が指定されているため、
     新しい Category オブジェクトを作成するときに指定する CategoryID は任意の値でかまいません (上記では 0)。
     SaveChanges メソッドが呼ばれると、テーブルに行を挿入するとともに、採番された CategoryID を取得します。
     具体的には、次と等価な SQL が送信されます。

insert [Categories] ([CategoryName], [Description], [Picture]) values (N’New Category’, null, null)
select [CategoryID] from [Categories] where @@ROWCOUNT > 0 and [CategoryID] = scope_identity()

バージョン情報
.NET Framework 4
SQL Server 2008, 2008 R2

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。