ダーティ リードとその解決方法 その 2

前回のダーティ リードとその解決方法 その 1 では SqlCommand クラスを利用したコードを示しましたが、
今回は ADO.NET Entity Framework を利用したコードを示します。
ただし、特に説明する部分はないので、ステップ 2 (Read Committed) の場合のみ示します。

なお、下記のコードを記述する前に、ロスト アップデートとその解決方法 その 3 と同様に
Visual Studio で ADO.NET Entity Data Model を作成しておきます。


using System;
using System.Linq;
using System.Threading.Tasks;
using System.Transactions;

namespace DirtyRead
{
    class Program
    {
        private static readonly TransactionOptions transactionOptions = new TransactionOptions { IsolationLevel = IsolationLevel.ReadCommitted };

        private static int hasStockCount;

        static void Main(string[] args)
        {
            // 更新と読み取りを並列に実行します。
            Parallel.Invoke(
                () =>
                {
                    for (int i = 0; i < 200; i++)
                    {
                        UpdateUnitsInStock();
                    }
                },
                () =>
                {
                    for (int i = 0; i < 100; i++)
                    {
                        SelectUnitsInStock();
                    }
                }
            );
        }

        /// <summary>
        /// Northwind データベースの Products テーブルの UnitsInStock の値を更新してロールバックします。
        /// </summary>
        private static void UpdateUnitsInStock()
        {
            using (var scope = new TransactionScope(TransactionScopeOption.Required, transactionOptions))
            using (var context = new NorthwindEntities())
            {
                // 在庫個数を更新します。
                Product product = context.Products.Single(p => p.ProductID == 1);
                product.UnitsInStock = 1;
                context.SaveChanges();

                // TransactionScope.Complete メソッドを呼び出さないのでロールバックされます。
            }
        }

        /// <summary>
        /// Northwind データベースの Products テーブルの UnitsInStock の値を読み取ります。
        /// </summary>
        private static void SelectUnitsInStock()
        {
            using (var scope = new TransactionScope(TransactionScopeOption.Required, transactionOptions))
            using (var context = new NorthwindEntities())
            {
                // 在庫個数を読み取ります。
                Product product = context.Products.Single(p => p.ProductID == 1);
                bool hasStock = product.UnitsInStock > 0;

                if (hasStock)
                {
                    hasStockCount++;
                    Console.WriteLine("在庫あり ({0} 回目)", hasStockCount);
                }
                else
                {
                    Console.WriteLine("在庫なし");
                }
            }
        }
    }
}


バージョン情報
.NET Framework 4
SQL Server 2008, 2008 R2

コメント / トラックバック1件 to “ダーティ リードとその解決方法 その 2”

  1. ダーティ リードとその解決方法 その 1 « Do Design Space Says:

    […] なお、ダーティ リードとその解決方法 その 2 に ADO.NET Entity Framework を利用したコードを載せました。 […]


コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。