ロスト アップデートとその解決方法 その 3

ロスト アップデートとその解決方法 その 1 では SqlCommand クラスを利用したコードを示しましたが、
今回は ADO.NET Entity Framework を利用したコードを示します。
ただし、ステップ 3 (Read Committed & UPDLOCK) の場合のみ示します。

Entity Framework では基本的に LINQ to Entities でクエリを記述しますが、更新ロックを取得するための構文は存在しません。
ObjectContext.ExecuteStoreQuery メソッドにより、データベースに依存する任意の SELECT 文を実行できます。

なお、下記のコードを記述する前に Visual Studio で ADO.NET Entity Data Model を作成しておきます。
名前は NorthwindModel.edmx としておきます。

NorthwindModel


using System;
using System.Linq;
using System.Threading.Tasks;
using System.Transactions;

namespace LostUpdate
{
    class Program
    {
        private static readonly TransactionOptions transactionOptions = new TransactionOptions { IsolationLevel = IsolationLevel.ReadCommitted };

        static void Main(string[] args)
        {
            Parallel.For(0, 100, i => AddUnitsInStock());
        }

        private static void AddUnitsInStock()
        {
            try
            {
                short oldValue, newValue;

                using (var scope = new TransactionScope(TransactionScopeOption.Required, transactionOptions))
                using (var context = new NorthwindEntities()) 
                {
                    // 商品を取得します。
                    Product product = context.ExecuteStoreQuery<Product>("select * from Products with (updlock) where ProductID = {0}", 1).Single();
                    context.AttachTo("Products", product);

                    // 在庫個数を 1 だけ増加させます。
                    oldValue = product.UnitsInStock.Value; 
                    newValue = (short)(oldValue + 1);
                    product.UnitsInStock = newValue;

                    // 商品を更新します。
                    context.SaveChanges();

                    // コミットします。
                    scope.Complete(); 
                } 

                Console.WriteLine("{0} → {1}", oldValue, newValue); 
            }
            catch (System.Data.DataException ex) 
            {
                Console.WriteLine(ex.Message); 
            } 
        } 
    }
}


注意点
(1) ObjectContext.ExecuteStoreQuery メソッドでパラメーター化クエリを実行する場合、
     パラメーター名には順に {0}, {1}, {2}, … または @p0, @p1, @p2, … を使用します。
(2) ObjectContext.ExecuteStoreQuery メソッドを使用した場合、
     取得したデータは自動的に ObjectContext にアタッチされないため、ObjectContext.AttachTo メソッドを呼び出します。
     標準的な

          Product product = context.Products.Single(p => p.ProductID == 1);

     などのような場合には呼び出す必要はありません。
(3) UPDATE、INSERT、DELETE などの変更操作を任意の SQL で実行する場合には、
     ObjectContext.ExecuteStoreCommand メソッドを使用します。

バージョン情報
.NET Framework 4
SQL Server 2008, 2008 R2

参照
ObjectContext.ExecuteStoreQuery メソッド
ObjectContext.ExecuteStoreCommand メソッド
ストア コマンドの直接実行

コメント / トラックバック4件 to “ロスト アップデートとその解決方法 その 3”

  1. ロスト アップデートとその解決方法 その 1 « Do Design Space Says:

    […] その 2 に手動トランザクションを利用したコードを、 ロスト アップデートとその解決方法 その 3 に ADO.NET Entity Framework […]

  2. ダーティ リードとその解決方法 その 2 « Do Design Space Says:

    […] Studio で ADO.NET Entity Data Model を作成しておきます。 作成方法については、ロスト アップデートとその解決方法 その 3 […]

  3. ノンリピータブル リードとその解決方法 その 2 « Do Design Space Says:

    […] なお、下記のコードを記述する前に、ロスト アップデートとその解決方法 その 3 と同様に Visual Studio で ADO.NET Entity Data Model を作成しておきます。 […]

  4. ファントム リードとその解決方法 その 2 « Do Design Space Says:

    […] なお、下記のコードを記述する前に、ロスト アップデートとその解決方法 その 3 と同様に Visual Studio で ADO.NET Entity Data Model を作成しておきます。 […]


コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。