たまに利用する .NET Tips 集

カテゴリはばらばらですが、たまに参考にするサイトや Tips を集めたものです。
今後も随時更新します。

■ 既定のブラウザーの起動

コマンドラインで

rundll32 url.dll,FileProtocolHandler https://sakapon.wordpress.com/

を実行すれば、既定のブラウザーでサイトを表示できます。
コマンドラインから、既定のブラウザを起動する

■ internal メンバーの公開

AssemblyInfo.cs などで次のように属性を追加すれば、internal メンバーを他の特定のアセンブリに公開できます。
引数にはアセンブリ名を指定します。主にテスト プロジェクトなどに対して利用されます。

[assembly: InternalsVisibleTo("Library1")]

InternalsVisibleToAttribute クラス

■ 外部構成

簡易的に外部構成を定義するには、SingleTagSectionHandler が便利です。
構成ファイルにカスタムセクションを定義し使用する

■ 簡易的な C# スクリプト

■ アセンブリのバージョン

AssemblyVersion に「1.0.*」などのように指定した場合、ビルド番号およびリビジョンには以下の値が設定されます。

  • ビルド番号: 2000 年 1 月 1 日からの経過日数。
  • リビジョン: その日の 0:00 からの経過秒数の半分。

なお、ビルド番号またはリビジョンに指定できる最大値は 65534 です。65535 以上はビルドエラーとなります。
アセンブリにバージョン情報を設定するには? (@IT)

ビルド時にバージョンを書き換えてくれる Visual Studio アドインです。
Build Version Increment Add-In Visual Studio

■ 正規表現

.NET Framework の正規表現 (MSDN)

■ 命名規則

名前に関するガイドライン (MSDN)

■ Fiddler

Fiddler で localhost の HTTP 通信をモニタリングするには

■ IE7 互換表示

HTML で指定する場合は、
    <meta http-equiv="X-UA-Compatible" content="IE=7" />
のような 1 行を追加します。
Internet Explorer 8 正式版レビュー (@IT)

広告
カテゴリー: .NET Framework. 2 Comments »

Windows 7 で C ドライブを共有する

Windows 7 で C ドライブを共有 (公開) するには、次のような手順で設定します。

  1. エクスプローラー上で対象のドライブを右クリックし、[共有] をクリックして、[詳細な共有] をクリックする。
    ([プロパティ] をクリックして、[共有] タブをクリックしても同様)
  2. [詳細な共有] をクリックする。
  3. [このフォルダーを共有する] チェック ボックスをオンにする。
  4. [OK] をクリックし、プロパティ ダイアログを閉じる。

詳細な共有

以上で、外部の PC からも「\\ComputerName\C」として、この PC の C ドライブにアクセスできるようになります。
Windows XP では「\\ComputerName\C$」としてアクセスできるように設定していましたが、
Windows 7 では最後の「$」は必要ありません。
フォルダーを共有する方法とほぼ同様ということになります。

なお、アクセス権限については、既定で Everyone に読み取りが許可されます。
これを変更するには、先ほどのダイアログで [アクセス許可] をクリックしてユーザーやグループに権限を割り当てます。

参照
他のユーザーとファイルを共有する

カテゴリー: OS. タグ: . Leave a Comment »

TFS 2010 SP1 で追加されたテーブル・列

Team Foundation Server 2010 SP1 では、
チーム プロジェクト コレクション データベースのテーブルおよび列が次の通り追加されたようです。

■ 追加されたテーブル

  • tbl_sync_mappings
  • tbl_sync_properties

■ 追加された列

  • WorkItemTypeUsages.VersionFrom (tinyint、NULL 以外)
  • WorkItemTypeUsages.VersionTo (tinyint、NULL 以外)

なお、WorkItemTypeUsages テーブルの既存データに対しては、
VersionFrom 列には 0、VersionTo 列には 255 が自動的に設定されています。

追加されたテーブル追加された列

カテゴリー: ツール. タグ: . Leave a Comment »