SQL Server 2008 のサンプル データベース

SQL Server 2008 のサンプル データベースとして、AdventureWorks、Northwind および pubs が主に利用されていると思います。
以下では、これらのセットアップ方法について記述します。
 
AdventureWorks データベースの場合はインストーラーがデータベース作成までのすべての作業を実施してくれるようになりましたが、
Northwind および pubs データベースの場合は自分で SQL を実行する必要があります。
 
■ AdventureWorks データベース
  1. SQL Server 2008 SR4 から AdventureWorks2008_SR4.exe をダウンロードします。
  2. AdventureWorks2008_SR4.exe を実行します。
  3. [I accept the license terms] チェック ボックスをオンにして [Next] をクリックします。
  4. 設定画面が表示されます。

    [Installation Instance] ボックスにはローカル PC で稼働中の SQL Server のインスタンス名が候補として現れるので選択します。
    [Script Install Directory] ボックスには SQL スクリプトを展開するフォルダーを指定します。

    下部のチェック ボックスでは、作成するデータベースを指定します。
    通常は [AdventureWorks OLTP 2008] または [AdventureWorks OLTP] のみを選択すれば十分かと思います。
    FILESTREAM が有効になっていない場合は [AdventureWorks OLTP 2008] を選択できません。
    なお、選択されなかったデータベースの SQL スクリプトもすべて展開されます。
  5. [Install] をクリックします。
  6. [Finish] をクリックします。
■ Northwind および pubs データベース
  1. Northwind and pubs Sample Databases for SQL Server 2000 から SQL2000SampleDb.msi をダウンロードします。
  2. SQL2000SampleDb.msi を実行します。
    インストーラーの指示通りに進めます。
    すると、ファイルが [C:\SQL Server 2000 Sample Databases] フォルダーに展開されます。
    展開されるフォルダーを指定することはできません。
    再度 SQL2000SampleDb.msi を実行すればアンインストールできます。
  3. [C:\SQL Server 2000 Sample Databases] フォルダーに展開された instnwnd.sql および instpubs.sql が
    それぞれ Northwind および pubs データベースを作成するための SQL ファイルです。
    SQL Server Management Studio または sqlcmd ユーティリティを使用してこれらの SQL ファイルを実行します。
    sqlcmd ユーティリティを使用する場合は、例えば次のようなコマンドを実行します。

        cd "C:\SQL Server 2000 Sample Databases"
        sqlcmd -S .\SQLEXPRESS -i instnwnd.sql

    なお、展開されたファイルには NORTHWND.MDF などのデータベース ファイルが含まれていますが、
    これらは SQL Server 2000 用のものなので使用しません。

バージョン情報
SQL Server 2008 のすべてのエディション
 
参照

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。